Training for First Officer w/ Flight Simulator

Level & Straight Flight

都内某所で Flight Simulator による F/O 訓練。B737-800 で 2.0H。

本日も 6,000 ft, 240 kts で Level & Straight Flight および Recovery from Unusual Attitude。

Level & Straight Flight は安定してできるようになってきた。難しいと思っていたジェット機も、Throttle をおおよそ適正に設定し Pitch を ±2 °以内に収めさえすれば、じっと待つことでほぼほぼ所望諸元になることを体得し、安心感を得る。EICAS へ視線を向けても Pitch を ± 2° から外さず、VSI の微妙な動きや York の圧を感じてその揺らぎを相殺するように髪一本の精度で York を動かすことで Pitch のブレを減衰させられるようになる。Pitch Trim を使う余裕も出てきた。

一方で、Bank 操作は以前よりも荒くなった。あるいは、操作は変わらないものの荒さに気づくようになったのか。Pitch & Throttle より劣後してよいと前回学んだものの、Bank 調整は実際のところおそらく想定していたよりも繊細であるのであろう。1° 程度の Bank であっても思うより早く大きく Heading が歪んでくることを感じる。

自身の感度が高まったことに自信を持ったのだが、Recovery from Unual Attitude になるとすぐに混乱する。初動は悪くなく、また、前回の反省を活かし、すべてを同時に調整する必要はないとの心構えで臨むのだが、何を修正すべきか、何を優先すべきか、時々わからなくなり、考えてしまって反応が遅い自分がいる。

今回の気づきは、相反する次の2点。

  1. 諸元の絶対水準を目標に操作するわけではないジェット機といえども Throttle と Pitch の設定が適正枠内であれば、おおむね所望諸元へ向かう
  2. だが Unual Attitude では (Throttle はともかく) Pitch を一定枠に収めるのがきわめて難しい

Unual Attitude で Pitch 制御が難しいのは A/S や Trim が大きく狂っているためだ。

この気づきを得てもまだなお解決されない課題がある。それが回復操作途中で混乱し、考え込んで反応が遅くなる理由。それは (いつ) どの程度 Throttle を動かせばよいかわかっていないということ。回復手順の設計ができていない自覚があったため、教官に尋ねる。

A/S や Alt の補正は Pitch と Throttle で行うがどちらで補正するか見きわめる (← ここまでわかる)。どの程度補正するかは Trend Vector が消えるまでをメドにする、とのこと。もう一つ指摘された自覚のなかった欠点は、Recovery に際して (全体を) 改善しようとすることに意識が向かっており、いかなる諸元要素もこれ以上悪化させないという意識がないこと。悪化させない → おおまかに適正水準に持っていく → 安定させる → 至らない要素を把握 → 細かく補正する、の順で行うのが、エアラインにおける Recovery のコンセプト。

最後に Recovery from Unual Attitude を好きにやっていいよと自己学習の時間を得る。そこで、巡航速度まで上げてみようとしたり、Stall させようとしたり。シミュレータでは Stick Shaker は動かなかったが、警告音・表示を確認し、実際に Stall した。

次回 Step Check 予定。Take Off から通常の Procedure で 5,000 ft まで Climb した後、2 分以内に 6,000 ft, 240 kt で Stabilize させることが要件。

本日の重要ポイント

  • ジェット機といえども Throttle と Pitch の設定が適正消えるまで枠内であれば、おおむね所望諸元へ向かう
  • だが Unual Attitude では (Throttle はともかく) Pitch を一定枠に収めるのがきわめて難しい
    • Unual Attitude で Pitch 制御が難しいのは Airspeed や Trim が大きく狂っているため
  • (Pitch や) Throttle の補正幅は Trend Vector を参照して決める
  • Pitch Trim が取られていると補正が楽になる
    • AutoPilot 解除後は TrimAdjusted
  • Recovery は次の順序
    1. いかなる諸元要素も現状より悪化させない
    2. 全体をおおまかに適正水準へ持っていく (複数の諸元要素を同時に補正しようとしない)
    3. 待って安定させる
    4. 至らない諸元要素を把握する
    5. 細かく補正する